イラスト描き方

【初心者向け】服のしわ【描き方】

投稿日:

今回は服のしわの描き方を紹介していきます。

人物が服をまとうと【しわ】があらわれます。
体の体勢や動き、布の材質などでしわの形は様々です。

服のしわは人物を描くうえで立体感や奥行きなど表すために必要不可欠となります。
服を描くことが苦手な方は是非参考にしてみてください。

しわの種類

布の動きによってできるしわの種類を紹介します。

引っ張られているしわ

ピンと張りつめていて、しわはまっすぐ引っ張られている方向に延びていきます。

たるんでいるしわ

布を伸ばす力が加わっていないため下に向かってたるんでいます。

着衣するとしわが寄る部分

服を着たとき、しわのよる部分の解説をしていきます。

服のしわは主に関節の部分にあらわれます。
関節は曲げたり伸ばしたり動きが出るのでしわが目立ちます。

脇の下から肩に向かってのしわです。
服の材質にもよりますが、柔らかい素材の布だと必ずこの部分にはしわができます。

肘を曲げると、曲げた内側から外に向かって放射状にしわができます。
曲げることによって引っ張られたしわもあらわれます。

特に女性の服にあらわれやすいしわです。
腰のくびれに沿って斜め下方向に入れていきます。

股間

ここのしわもズボンを穿いていると必ずできます。
座ったり足を曲げた時にできるしわの癖がついているので、直立していてもしわが寄っています。

膝・足首

腕と同じように曲げると内側から外に向かってしわができます。
足首は余ったズボンのすそを意識してクシャっとしたしわを描いています。

薄い材質の服

次に薄い材質の服(Tシャツ)の描き方です。

夏服になるとより薄い素材の布地になり、柔らかい素材になるためしわが多く細かくあらわれます。

女性の場合は胸の辺りにもしわができます。
胸のしわは胸からお腹にかけて、縦方向に緩く力を抜くように引いていくと自然で柔らかい印象になります。

スーツのしわ

スーツは直線的なしわを描くことによって硬い印象になります。
素材が硬く厚いため、ザックリとしたしわになります。

あまり多く線を描き込んでしまうと薄っぺらい印象になってしまうので注意してください。

まとめ

今回は服のしわの描き方を紹介しました。

服のしわは着ている服の素材によって描き方が大きく変わります。
Tシャツのように柔らかくラフな素材は緩く描くことを意識しながら、スーツのように固い素材の服はしわを多く描き込まないようにカチッとした印象になるように描いていきます。

キャラクターの服を描くときはまず、着る服の素材を意識して描くと良いかもしれません。

それではまた

-イラスト描き方

Copyright© ザコもんのイラスト日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.