イラスト描き方

【初心者向け】イスに座ったポーズ【描き方】

更新日:

立った絵よりも描き方が少し複雑になる座ったポーズ。
描くのが苦手な方も多くいると思います。
そんな苦手を克服できる【イスに座ったポーズの描き方】をご紹介していきます。

正面から見たポーズ

正面のポーズは足の付け根から膝にかけてのパースがとりづらく描くのが難しいとされています。

イラスト初心者にはとくに描きなれていない方もたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、基礎さえつかめば、正面から見たポーズでも簡単に描くことができます

難しく考える必要はありません。

アタリ

まずはアタリから。

頭のてっぺん・肩・腰・お尻に線を描き、高さの目安にすると描きやすいです。

丸で書いた関節を繋げ肉付けしていきます。

 

緑が足の付け根。ピンクの箇所が正しい膝の位置です。

このイラストの場合正面で足を揃えているので、左右長さが違ったり太さがおかしいと不自然なイラストになってしまいます。

足の描き方

座ったポーズで一番重要なのは足のバランス

ポーズによって膝の高さが変わる場合もあるので足の付け根と膝の位置を軸に構成していきます。

ただ座るというだけでも足の位置やポーズによって与えるキャラクターの印象が大きく変わります。

描きたいキャラクターの性格や表情を頭に描きながらポージングを考えましょう。

真っ直ぐ揃える

オーソドックスな座り方です
手を太ももの上にもっていけば、まじめな印象を受けます。

膝の位置は同じ高さに揃え、ふくらはぎのふくらみが外側にくるように意識します。

 

斜めに揃える

落ち着いた大人の女性がする仕草。

このイラストの場合、向かって左側の足が下になっています。

足を組む

セクシー系、または気が強いの女性がするポーズ。

向かって右足が上になっています。
膝の高さが変わり、右・左の膝の向きが外側に向きます。

足を組ませたうえに腕まで組むと怒った印象に↓

ヒェッ。

前屈み

手の位置が膝にあると腕が伸ばされ、上半身が少し前かがみになります。
手は膝に覆いかぶさるように描きます。

膝下を大きく開いた内股にすると、幼い少女のような印象を与えます。

空気イス

イスを描くのが面倒な時はコレ。
腕を前に突き出すと筋トレ感が増します。正面じゃねーし

わかりやすく斜めから見た構図です。

まとめ

イラストがなかなか上達しない人は、苦手な構図を練習しようとせず自分の描きやすいポーズや表情しか描かないという傾向があります。
全身が描けないからと言ってバストアップや首から上しか描こうとしないような人ですね。

そんなんじゃいつまで経っても画力は向上しません。

苦手なポーズや描きなれていないポーズに挑戦してみるのはイラスト上達につながりますよ!

かく言う私も座ったポーズは全く描き慣れていません。避けてきました。苦手だから。

今回初めて描く構図もありましたが、それでもなんとか形にはなっている…かな?

超持論ですが、イラストはパッと見不自然でなければそれでいい

それでいいんです( ー`дー´)キリッ

きっと

-イラスト描き方

Copyright© ザコもんのイラスト日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.