備忘録 Wordpress

【WordPress】「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラー【解決方法】

更新日:

備忘録として残しておきます。

同じような現象が起こった方にも是非参考にしていただきたいです。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラー【解決方法】

WordPress作成を始めて1月ほど経ちました。
【Search Console】(サーチコンソール)にこのサイトのサイトマップを送信したところ、

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラーが。

どうやら覚えのないnoindexタグがどこかに紛れ込んでいるようです。

noindexとはさっくりいうとGoogleでサイトを検索したときに検索結果に上がらないようにする効果があります。

これからたくさんの人にサイトを見てもらいたいのに今の私には全く必要のないタグです。

htmlのなかにいつの間にか紛れ込んでしまったのか、プラグインか原因を探し出すのはかなり面倒。
もう一度サイトマップの生成を1から行うか迷いました。
しかしサイトマップをもう一度生成したところで根本の解決策にはならないと、ググりました。
解決方法、見つけました(∩´∀`)∩ワーイ

原因は【Google XML Sitemaps】

Googleで解決方法を探していたところ、Wordpress内のプラグインで【Google XML Sitemaps】というプラグインが悪さをしていると気づきました。

この【Google XML Sitemaps】というのは

記事の公開・更新をする度にサイトマップを自動生成してくれる
自動で検索エンジンに通知してくれる
指定したページを検索エンジンに認識させられる

などなど、サイトマップに特化した非常に便利なプラグイン

しかしこのプラグインの中でhtmlの中にnoindexタグを有効化してしまう設定があったのです。

(設定次第でこのエラーが出てしまいますが、それを差し引いても必ず入れておきたいプラグインです。(/・ω・)/便利すぎる~)

解決方法は超簡単
設定のチェックを外すだけ。

そう、この問題を解決するのは単に

【HTML形式でのサイトマップを含める】という項目のチェックを外すだけでした。

このチェックを↓

外す↓

ページ下の「設定の更新ボタン」をクリックしてこれで完了です。

あとはsearchconsoleにサイトマップを再送信してみてください。
エラーは消えていると思います。(反映に時間がかかる場合があります)

まとめ

サイトによってはxmlのソースコードをいじってnoindexタグを消し、サーバーにあげるというとても面倒なやり方も紹介されていました。
試していないのでわかりませんがこの方法で解決したという方もいるでしょう。
しかしソースをいじるのは、慣れていない人間(私)にとっては結構ハードルの高い作業です。

そのほかにも【Search Console】でエラーが出ても放置するか、プラグイン自体を消去してくださいという極端な解決策までありました。

実際、このプラグインが原因で同様のエラーが出てもとくに支障はないようで、放置していても大丈夫らしいです。

しかしエラーのままで放っておくのは何となく気持ち悪い。
このプラグインを有効化したままnoindexタグのみを消す方法はないかとさらに調べたところ、答えはすごく単純明快。
Wordpressの管理画面から設定を変えるだけという。

設定を変更したところ一瞬でエラーが消えました。

【Google XML Sitemaps】を使用しはじめて、この現象が起こってしまったという方も多くいるので簡単・確実な解決方法をご紹介しました。

-備忘録, Wordpress

Copyright© ザコもんのイラスト日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.