映画・ドラマレビュー

「タッカーとデイル」「セントラル・インテリジェンスC.I.A.」映画レビュー

更新日:

今回はAmazonプライム・Huluで視聴できるコメディー映画2本紹介します。

今回紹介する映画は2本ともおすすめできる作品です。

タッカーとデイル 史上最悪にツイていないヤツら

・あらすじ
主人公のタッカーとデイルは親友同士。森にある廃墟を自分たちの別荘として手に入れた二人は別荘に向かう道中、大学生のグループと鉢会う。強面の二人は大学生たちに殺人鬼と勘違いされてしまう。夜になり、暗い川でおぼれていたグループの女子大生「アリソン」を助けたことから更なる誤解を受けることになる。
目を覚ましたアリソンは恐怖を覚えながらも、デイルのやさしさに触れ、大きな誤解をしていたことに気づく。なんとか仲間の元に戻り、二人に対する誤解を解こうとするが、度重なる不運が重なりすべてが裏目に出てしまう。

・感想
コメディーでもありグロテスクな描写もかなりあるこの映画。
血が苦手な方にはおすすめできません。被害者(?)であるはずの大学生グループが狂気に満ちていく様は見所かな。次々自滅していくんですけどね( ;∀;)
アリソンに恋をしてしまうデイルと後押しするタッカー。自分が死にかけているのに最後までデイルのことを心配しています。超いいやつ。

しかしまぁ大学生グループにまともな思考を持つ人間がアリソン以外居ないという。
いくら何でも思い込み激しすぎるよ。集団ヒステリーみたいなもんでしょうか。
グループのリーダーである「チャド」が歪んだ正義感を仲間に押し付けミスリードしたせいもあるけど。

最後は少しハラハラした展開となりました。

本当にコメディーだよね?これ(/・ω・)/笑

セントラル・インテリジェンスC.I.A.

・あらすじ
会計士の「カルヴィン」。高校時代の輝かしい栄光は遠い昔。20年経った今は高校時代から付き合っていた妻の「マギー」と平凡な人生を送っていた。
高校の同窓会が明日に迫っていたが乗り気がしないカルヴィン。そんな時、同級生でいじめられっ子だった「ボブ」が現れる。昔の面影はなく、太っていた体も筋骨隆々のマッチョマンに変身していた。
かつてカルヴィンに救われたことや思い出話に花が咲く二人。
そんなボブは現在CIAのエージェントとして働いていることを知る。
そこで会計士であるカルヴィンに仕事の依頼を頼んできたがなにやら様子がおかしい。

翌日CIAがカルヴィンの家に乗り込んできた。昨夜家に泊まっていたはずのボブが跡形もなく消えている。
CIAの話ではボブは仲間を殺害し裏切った逃亡者だという。
CIAの警護を付け職場に出勤するカルヴィンだがそこで待ち構えていたボブは「ブラック・バッジャー」という犯罪者を探しており、事件の黒幕だという。
ボブの話をにわかに信じられないカルヴィンは関わりたくないと拒絶するも、意に反し事件に巻き込まれていくことになってしまう。

・感想
ボブのカルヴィン愛が見ていて微笑ましいです。(BLじゃないよ!)
CIAのエージェントとして誰よりも強靭な体を手に入れたボブも、かつて自分を助けてくれたカルヴィンはヒーローのままなんですね。
拒絶するカルヴィンとそれでも執拗に付き纏っていくボブ。笑(BLじゃないよ!)

まとめ

映画レビュー【コメディー編】でした。
もっともっと紹介したい映画はたくさんありますが、直近で見たものがこの二本だったのでご紹介しました。
休日、何も考えずボケーっと観られる映画はとてもいいですね。
贅沢な過ごし方をしてるなって思います。(単に予定がないだけ( ;∀;)w)

それではまた(/・ω・)/

-映画・ドラマレビュー

Copyright© ザコもんのイラスト日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.