ブログ

ホラーな週末

更新日:

こんにちは!

先週はAmazonプライムやHuluでゾンビ物の作品を視聴しまくりでした。
別にゾンビが好きというわけでもなく、何となく暇つぶしに観ていました。
しかしゾンビものって大体観てるとイライラしてくるものが多いんですよね。

登場人物が不可解な行動をとって仲間をピンチに追い込んだり、事態を悪化させたり。
パニックホラーは大体そんな感じでスカッとした気分で見終わることは、ほぼありませんね。

ただ今回観た映画はコメディー要素が大きく楽しんで観れました。

視聴した映画3つをピックアップして感想でも書いてみようかな。

『ゾンビスクール』

ロードオブザリングで主演を務めたイライジャ・ウッドが主役。あの大作にで主演を演じた人がまさかゾンビ映画に出てくるとは。ゾンビ映画=B級というイメージが強い私にとって主演者を見ただけ興味がそそられました。

・あらすじ
作品の中でイライジャ・ウッド演じるクリントは、小説家の夢を諦めNYから地元に戻り昔好きだった同級生が務める小学校に新任教師として赴任する。生意気で意地悪な子供たちに四苦八苦しながらも授業を進めるが、ある女子生徒の様子がおかしい。
顔には水ぶくれができそれをからかう男子生徒に噛みついたのだ。
そこから小学校にゾンビウイルスが拡散していきあっという間に地獄絵図に。大人には感染しないウイルスで個性が強すぎる同僚教師たちと学校からの脱出を試みる。

・感想
コメディー色が強く、出てくるゾンビも子供だけ。生き残った教師も多いので絶望感はあまりない作品ですね。ウイルスは大人には感染しないので、主人公たちから感染者が出る心配もないので、ある意味安心して観れる映画です。
イライジャ・ウッドのロードオブザリングネタも出てきて観た人ならクスっとできるところもあるかな。

『ウォーキングゾンビランド』

一見するとウォーキングデッドのスピンオフ作品かと見紛ってしまいがちですが、完全別物。パロディー映画です。

・あらすじ
保安官のリンカーンは息子が放ったデッドボールで数週間のこん睡状態に陥る。
目を覚ましたリンカーンの目に広がるのは崩壊した街とゾンビが蔓延る世界だった。

・感想
完全コメディー。まじめに見るものではありません。ウォーキングデッド以外にもウォーム・ボディーズのネタや、ゾンビランド(続編と思ったけど別作品?)、様々な作品のパロディーが面白おかしく織り込まれており、ゾンビ映画ファンなら笑える要素満載です。
アメリカらしい強烈なブラックジョークが頻繁に出てくるので苦手な人は楽しめないかも。
私は最初から最後まで笑わせてもらいました。

『ズーンビ』

これもまじめに観るような映画ではない気がします。

・あらすじ
世界から集められた絶滅危惧種の希少動物ばかりがいる動物園。
サルから始まったゾンビウイルスが園内の動物たちに次々と感染していく。
狂暴化した動物たちになす術もなくやられていく人間たち・・・。

・感想
お粗末なCGが笑いを誘います。たぶん真面目なホラーパニック映画だと思われますが、あまりにもしょぼいCGが気になって話が入ってきません。
この映画に登場する動物はおそらくほとんどがCGです。敵となる動物たちのハリボテ感。たまに登場する実写の動物も本物ではなく思いっきりぬいぐるみだとわかってしまう代物。
動物がゾンビになっていくというのは題材としては面白いと思いますが、登場する動物の少なさ、被害にあうのも動物園のスタッフのみ(動物園はオープン前)のため少人数で騒いで終わっていくという、ゾンビ映画として少し寂しいものとなっています。
シュールでB級感あふれる作品を求めている方におすすめです。

まとめ

てな感じで、今日もイラストと関係ないお話をしてしまった。笑

また面白い作品を観たら紹介しますね。(?)

ツイッターの方も久々に更新しました。

1ヶ月つぶやいてなかった・・・。もっとうまく使いこなしたいんだけどな。

更新頻度は少ないですが、一応イラスト関連のつぶやきは頻繁にチェックしてます👀

良かったらフォローよろしくお願いします。

-ブログ

Copyright© ザコもんのイラスト日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.