イラスト描き方

【イラスト】髪の毛の塗り方【水彩塗り】

更新日:

こんにちは

前回載せたイラストと同様「秋」をテーマに描いてみました。

(と言っても秋っぽいのは赤とんぼだけっていう(;´∀`))

職場付近では今年トンボと蜂が大量発生しており、空を覆いつくさんとばかり飛び交っています。

トンボは台風が過ぎると大量に出てくるのでしょうか?どこかでそんな記事を見た記憶があります。

まさに今再び台風が来ているんですけどね。外は風が強いです。今年の秋は毎週のように台風が来ていますね。

注意して過ごしましょう。

 

髪の毛の塗り方

さてイラストの方に話題を戻して。

ここからは髪の毛の塗り方を紹介していきます。

ラフ~線画

ラフはこんな感じです。

今回空を舞っているトンボを見て思い浮かんだ構図です。

人物像は、柔らかくてふんわりした雰囲気の女の子をイメージしました。

線画

髪の流れや三つ編みは細かく描き込みました。

(線画の方にはトンボはいません。あとから描きたしました。)

髪の毛の塗り方

未だに苦手な髪の毛の塗りです。

試験的に水彩塗り(のようなもの)を試してみました。

1、下地を塗ります。

この髪の仕上がりは明るめの茶色をイメージしていたので、薄い茶色で塗ります。
これからどんどん色を塗り重ねていくので、最初の下地は薄い色で塗ってください。

2、色を重ねて深みを出していく

不透明水彩のブラシを使い、光が当たるハイライトの部分を残して、下地より少し濃い色で全体を塗っていきます。

透明水彩を使い、ハイライトで際立たせたい部分以外を塗っていきます。上で使った色よりさらに少し濃い色を使います。
透明水彩なので色にむらができます。それをうまく利用して影のできる濃い部分と薄い部分のコントラストを出していきます。

さらに塗り塗り。

髪に艶と立体感が出てきました。

さらにここで水彩塗りの深みを出すために、ハイライトの当たる箇所に緑を薄く乗せていきます。緑の配色はなんだかカビっぽくなってしまって、若干の失敗した感がありますが、相性の良い色だともう少し綺麗に仕上がったかなと思います。
差し色はお好みで付けてみてください。個性が出て面白いですよ(^_^)

3、ハイライト・仕上げ

 

白の透明水彩で優しく入れていきます。

今回は柔らかい雰囲気に仕上げるのであえて境目がぼやけるように色をのせました。

髪を結ぶゴムの色を忘れずに塗って。

髪の塗りは完成です。

 

 

 

おまけ

ケモ耳Ver(・∀・)

まとめ

は~い_(:3」∠)_
今回は髪の毛の水彩塗りをご紹介しました。

アニメ塗りみたいなはっきりした色使いも良いですが、儚い雰囲気の水彩塗りは憧れますよね。

練習していけば思い通りにササっと塗っていくことができると思うので、頑張りましょう_(:3」∠)_

私はその域に達するまで、あと3年は掛かりそうです。笑

それではまた★

-イラスト描き方

Copyright© ザコもんのイラスト日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.