イラスト描き方

【初心者向け】目の描き方【基本】

投稿日:

こんにちは

今回はの初心者向けイラストの描き方のテーマは「目の描き方」です。

人物のイラストを描くうえで描き手の個性が一番出やすいのが目です。
描き方は人それぞれあると思いますが、今回はイラスト初心者の方に向けて目の基本的な描き方をご紹介していきます。

まずは基本をおさえて自分なりの描き方を見つけてみてください。

基本的な目の描き方

瞼(まぶた)と瞳のアタリの描き方から完成までの流れを一気に紹介していきます。

アタリ~

最初に両目の瞼(まぶた)と下瞼を描きていきます。

 

 

瞼と下瞼の高さは左右で揃えましょう。
わかりやすく線を引くとこうなります。↓

 

片方の目を描き終えてからもう片方の目を描こうとすると、左右の目のバランスが崩れやすいのでこちらの描き方の方が均等な高さで描きやすいと思います。

瞳の描き方

次は瞳は描いていきましょう。
瞳がどの方向を向いているかを決めたら視線に合わせて描いていきます。

下の絵は視線を正面に向けています。

この時目が離れたり寄り過ぎたりしないように意識してください。

通常人間の瞳は瞼に上下一部が隠れた状態になっています。
瞳のアタリを描くときは下の図のように、1つの円を描いて瞼に隠れる部分まで描いてしまったほうが綺麗に描けます。

瞳の位置が決まったら、瞼で隠れる部分は消しましょう。

線の入れ方から完成まで

アタリが描けたら次はペンを入れていきます。

瞼周辺

瞼・瞳の枠線を描いたら二重の線とまつ毛を入れていきます。

 

瞳の模様(瞳孔・虹彩)の描き方

瞳孔や虹彩など細かいところを描いていきます。
虹彩とは瞳孔の周りを囲んでいる細かい模様のようになっている部分です。
瞳孔を中心に放射線状に入れていきます。

影・ハイライトを入れる

瞳孔を虹彩を描き込んだら、瞳の上半分を線と同じ色で塗りつぶします。
上部を塗りつぶすことによって影を作り、冷たい印象を和らげることができます。

また、後に入れるハイライトの効果を際立たせるためにも重要な工程となります。

 

 

先ほど入れた影の上にハイライトを入れます。
瞳の形・光の当たる方向を意識して入れていくと自然な仕上がりになります。

 

 

これにて完成です。

斜め・横から見た目の描き方

基本の描き方に続いて、斜め・横から見た、目の描き方も紹介していきます。

斜め

個人的には正面を向いたものより顔が斜めを向いているときの目を描くのが一番描きやすいです。

【拡大】

 

このイラストの場合、左目が手前、右目が奥に位置しています。
そのため右目は奥まっているので横幅が狭まっています。

この時に目の高さは左右でズレないように注意してください。

まつ毛も顔の向きと同じ方向へ向けて描く↓

 

横向き

横向きになるとこんな感じになります。
正面から見て左向きになります。
視線は人物から見て前に向けています。

【拡大】

顔が横を向いている時、目も同じように横向きに描きます。
真横を向いているので、目の中心線が一番左に来ます。

中心線に合わせて瞳の中も描き込んでいきます。
まつ毛も顔の向きと同じ方へ向けて描きます。

まとめ

今回は基本となる目の描き方を紹介していきました。

イラスト初心者の方に参考にしていただけると嬉しいです。

それではまた★

-イラスト描き方
-, ,

Copyright© ザコもんのイラスト日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.